« | トップページ | さやかジュンス »

2017年8月16日 (水)

障子

障子越しの光線のような、薄曇りの朝陽の中、雨天のため、三日延期となったグライダーのテスト飛行の見学へと出掛けた。
前の日も、雨は止んでいたのだが、滑走路に水たまりが残っており、エンジンが水を吸い込む可能性があったため、飛ばなかったのである。
実家の近所では、道路は乾き、道端の草も濡れている様子は無い。
しかし昨日もそんな感じだったのに、飛行場のある町に近付くと路面に雨が残り、飛行を中止するコンディションであったのだ。
現地に着くまでは、油断できない。
無事、飛びました〜
(´∀`)
エンジンを搭載して、滑走試験までは手伝いに行って、生で見てたけど、完全な『飛行』を、現場で見たのは初めてであった。
スゲェ
9時まで、滑走路周囲の周回飛行を繰り返し、滑走路へのスムーズな着陸の練習を行い、今回のフライトは終了。
機体は格納庫で解体(五つに分割出来る)、収納までを見学して、昼前に解散した。
ここはグライダーの飛行場で、格納庫には何機ものグライダーが置いてあるのだが、中に懐かしい機体を見つけた。
数年前に、体験飛行をさせてもらった、モーターグライダーである。
この、コイノボリな外見である。
間違いようが無いw
グライダーにプロペラ?と思われるかも知れないが、滑走、離陸して、上空に到達するまではエンジンとプロペラを使うが、必要な高度を取ったらエンジンを止め、以後はグライダーとして滑空するのである。
中には、上空で、プロペラを収納してしまうものもあると聞いた。
バーナーを焚いていない時の熱気球と、グライダーは、音も無く空中に存在出来る、異次元体験である。
またそのうち、やってみたいものだ。
さて、障子の連想から思い付いた、本日のらくがき。
『障子にメアリ』
(゜Д゜)ノ

« | トップページ | さやかジュンス »